Entries

新千歳空港。ここからスタート! 

ぼんやりと新聞を読んでいたら・・・。
慶六が、テーブルに上がって目の前にどっしり。何か言いたげ。

「ほっかいどうのはなし、すすんでるにゃ?」
kei-0914yoru
はっ(=_=) まだ1日目の夕食しか・・・

えーと。(もう忘れかけてる?)

仙台空港を出発した飛行機は、新千歳空港に着陸しました。
通路側だった私にも、気持ちのいい青空が輝いていましたよ。
ところが、新千歳空港に着くころには、「現地の天気は雨」とのこと。
飛行機は思ったより揺れませんでしたが、友達は少し揺れたよね
(>_<) と、言ってたから、コワガリな私のほうが鈍感なのかも。

ところが、着陸した飛行機は、どんどん滑走路のハジッコへ。
どうもタラップで降りて、バスが迎えに来てるみたい。
乗客がどんどん降りていくなか、
私にはこっちのほうが、ものすごく不安でした。

「どうするんだろ、私の場合は…」 

全員が降りてから、乗務員の方が来て、笑顔で
「今、車が来ますから」お待ちください、とのこと。

座席から空港の車椅子に乗り換えて出口へ向かうと、
一般の乗客が降りた方とは反対の扉が開き
そのまま車に乗り込むようになっています。

きっと、正確な名前はきちんとあると思いますが、
高さが上下するコンテナ車(輸送車?)のようなものです。
高齢者や障害者、病人など、タラップを降りられない人のために
出してくれる車らしいです。私は、初めて乗りました! 
こういうのって、外から見ることはあっても自分が乗っているなんて。
とても不思議な気分でした。

hokkaidou-kuukou01
現金輸送車? もしくは護衛じゃなくっ(>_<)でも乗り心地はOK!

この日、北海道では新千歳地域が雷雨で、一部冠水したそうで
空港からの電車が一時ストップしたということでした。
ちょうど私たちが着いた頃に動き始めたようで、駅員さんは
とても忙しそうでしたが、親切に私たちを誘導してくださり、
すぐに札幌へ向かうことができました。

こちらには、車イス用エレベーターがありました。
案内されて、上がったらすぐホームでした。
hokkaidou-kuukou02
ここは意外と静か。ホームに上がったらかなり混雑していました。

そして、札幌に着いたこの後の1日目の夕食は、
先に紹介した通りです。(^-^)うまうま。

では、この続きは、明日また書いてみますね。

☆前にも書きましたが、バリアフリーについて気がついたことなどを
アップしようと思っていましたが、自然に交通機関を利用できたので
あまり写真を撮っておりませんでした。
移動のときは実際カメラを取り出す余裕がなくて(>_<)と、いう理由もありますが。

もし、車いすでの旅行を迷っている方がおりましたら、
近場の大きな市街から慣れていくといいですよ。(@_@)たのしよ。

きてくれてありがとう。長文読んでくれてありがと。
関連記事

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

ホワイティ03

prof

車いすと愛車ホワイティが私の靴。ニャンコの慶六の偽ママです。マイペースでのんびりタイプのB型。

Extra

プロフィール

ホワイティ03

Author:ホワイティ03
雉白猫の「慶六」(けいろく)
2008年4月29日生。
男の子。去勢済み。
体重5.75kg(2013.9月現在)
趣味は散歩とモグラ探索。
ビビリや。なぜか犬に好かれる。
飼い主は宮城県在住。女性。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

来てくれて、ありがとう。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる